ハルエネでんきのFC2WIKI

■概要

株式会社ハルエネは、電力自由化に伴いハルエネでんきの提供を行っている。

■運営会社情報

社名 株式会社ハルエネ

役員 代表取締役社長 神山 仁志
取締役副社長 山口 亜里
取締役 原田 淳史
取締役 内田 憲吾
監査役 小林 宏照
所在地 〒171-0021
東京都豊島区西池袋2-29-16

事業内容 電気事業およびその附帯事業
TEL 03-6773-4714
設立 平成22年6月1日
資本金 9,900万円

電力販売について
小売電気事業
・北海道電力エリア
・東北電力エリア
・東京電力エリア
・中部電力供給エリア
・北陸電力エリア
・関西電力供給エリア
・中国電力供給エリア
・四国電力供給エリア
・九州電力供給エリア

株式会社サイサン「エネワンでんき」の取次
・東京電力供給エリア
・中部電力供給エリア
・東北電力供給エリア
・九州電力供給エリア

株式会社いちたかガスワン「エネワンでんき」の取次
・北海道電力供給エリア

■ハルエネでんきとは

安心、低価格な新電力サービス。電力自由化に伴い販売を行っている。
これまでと変わらない供給品質でこれまでにないお得な電気代の実現を掲げている。

・お得なプランを用意
現在の電気代がさらに安くなる各種プランを提案可能。

・電気の品質はそのまま
「ハルエネでんき」に切り替えても、電気は従来通りの品質で利用することができる。

・申し込みだけで利用可能
特別な工事や電気を使えない時間はほとんどない。
※スマートメーターへの取り替えが発生する場合、取り替え工事や一時的な停電が発生する場合もある。

■ハルエネでんきの仕組み

大きな電力マーケットから電力を供給することにより、安定した電力供給と低価格を実現している。
ハルエネでんきに切り替えても電力会社の送電網を使って電気が届けられるため、停電が増える、電力の供給が不安定になるといったことはない。今まで通りの品質で利用することができる。


ハルエネでんきと他の新電力会社との比較

ハルエネでんきと伊藤忠エネクスとの比較

伊藤忠エネクスの特徴 [#qdae0978]
伊藤忠商事グループの伊藤忠エネクス株式会社は、1961年から石油やガスなどエネルギ―分野で活躍している。
2010年から電力事業もスタートし、電力発電事業・電力小売事業を展開。
自社で火力・風力・水力・太陽光発電所を所有し、法人への電力供給の実績もある。

同社は電力小売全面自由化により、2016年8月1日から東北エリア・中部エリアの家庭向けに電気の販売を開始。
電力供給は伊藤忠エネクスホームライフ関東が行い、東北エリアは伊藤忠エネクスホームライフ東北が取次店として電気を販売、
中部エリアは伊藤忠エネクスホームライフ中部が取次店として電気販売を展開中。

ハルエネでんきとエネサンス関東(エネさんでんき)との比較

エネサンス関東(エネさんでんき)の特徴
エネサンスグループの会社は全国に6社あり、関東地方を地盤とするのがエネサンス関東。
2008年に昭和シェル石油の系列会社として、LPガス(プロパンガス)、石油、太陽光発電、燃料電池などの扱いがある。

エネさんでんきは昭和シェル石油の発電所で作られた電気を供給。
昭和シェル石油は大規模工場やオフィスビルへの電力供給実績があり、電源構成は自社発電のLNG98パーセントとなっている。

昭和シェルの電気は高効率のLNG火力発電を中心としており、CO2排出量が東電と比べて28.8%も少ないクリーンな電気である。
エネさんでんきの供給エリアは、エネサンス関東のLPガスを利用している一戸建てである。
電気料金プランは「eネ!プラン1」「eネ!プラン2」などがある。

ハルエネでんきとエネットとの比較

エネットの特徴
エネットは株式会社NTT ファシリティーズ、東京ガス株式会社、大阪ガス株式会社により設立された新電力会社で、全国150カ所の天然ガス発電所や再生可能エネルギーを利用した発電所を電源としている。
エネットは創業以来、新電力として最も多くの消費者に選ばれ、エネットの販売電力量は新電力136社中シェアNo.1である。
電力入札にも積極的で、厚生労働省や自衛隊、法務局などへの供給実績がある他、民間マンションへも一括受電方式で電力小売りを行っている。
現在、沖縄を除くほぼ全ての地域で事業展開し、電力自由化開始と同時に全国の一般家庭でも契約が可能となっている。

ハルエネでんきとエネワンでんき(サイサン)との比較

エネワンでんき(サイサン)の特徴
埼玉県のLPガス販売会社として歴史を刻んできたサイサン(旧埼玉酸素)の電気がエネワンでんきである。
太陽光発電所を複数運営しており、共同運営のものを含めると9カ所にもなる。さらに、バイオマス発電プロジェクトにも参加し、埼玉県秩父市では2000kWの木質バイオマス発電所の建設プロジェクトに参画し、電源調達を進めている。
サイサンではガスワンというブランド名で、LPガスの販売を関東、甲信越、東北、中京のエリアで展開している。こうしたLPガスの販売網を生かして電気の販売拡大を行っている。
現在の電力供給エリアは、北海道電力エリア、東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、九州電力エリアとなっている。

ハルエネでんきとエルピオでんきとの比較

エルピオでんきの特徴
エルピオは1965年に設立され、千葉県市川市に本社を置いており、千葉県や茨城県、栃木県などでプロパンガス事業を展開する会社。
新電力の運営母体としては中規模の会社であるが、料金設定が使用量に関係なく関東最安の料金を実現している。
その料金プランのほとんどは、使用量が多い世帯がお得になる料金プランである。しかし、エルピオでんきは使用量が少なくてもお得となる料金プランとなっている。
エルピオでんきはプロパンガス事業を展開する会社だが、電気のみの契約も可能。
ただし30A以下の契約受付は打ち切りとなる。
電気のトラブル時に24時間365日で東京電力パワーグリッドが駆けつけ、点検、調査、応急処置をおこなってくれる。
何度でもこの無料サポートを受けることが可能。

ハルエネでんきと青梅ガスのでんきとの比較

青海ガスの特徴
青梅ガスは東京都青梅市に本社をおく一般ガス事業者である。
青梅市を中心に天然ガスの供給や住宅のリフォームなどのサービスを提供している。青海ガスは青梅市の21000世帯を対象にガスとのセット販売を展開中で、地域に密着したガス電気事業者である。
設立は昭和35年。
電力自由化で「青梅ガスのでんき」というブランド名で家庭向けに電気の販売を開始。
供給エリアは東京電力管内であるが、電力は中部電力(国際石油開発帝石と提携)から電力を供給。
電気料金プランのOGプランには東京電力の従量灯Bに相当するBプランがある。Cプランは従量灯Cに相当するものがある。

ハルエネでんきと大垣ガスのでんきとの比較

大垣ガスの特徴
大垣ガスの設立は、1912年で100年以上もの歴史がある。そして電気の販売に関して、1918年~1939年まで電力事業を行っていた。その後、譲渡し、2016年の電力自由化で77年ぶりに電力事業に再参入となる。
供給範囲は中部電力エリア。大垣ガスとのガス供給契約をしている場合のみ電力の契約が可能となっている。つまりガスとでんきとのセット販売が契約の条件である。
大垣ガスは家庭におけるガス設備によるエネファームと、太陽光発電を推し進めている。本来であれば余剰電力の買取りは電力会社が行っていた。しかし今度は大垣ガスが買い取ることで、電力源を確保している。結果、大垣ガスは電気の仕入れ先が増え、各家庭に合わせたエネルギープランを打ち出すことができるようになった。そのため消費者はメリットを享受できる可能性がある。

ハルエネでんきと大阪ガスのでんきとの比較

大阪ガスの特徴
大阪ガスは近畿地方を中心にガス販売を手掛けている。また東京ガスなどと共同設立した新電力「エネット」を立ち上げ、業界大手にまで成長をさせている。
大阪ガスが新電力事業者登録を行ったのは「エネットは大口向け、大阪ガスは一般家庭向け」としている。豊富な資金力を活かして今後も発電所増設を計画。制度開始直後からエネットの持つ多彩な電源を利用できる強みもある。

電気販売エリアは、京都府・大阪府・滋賀県・兵庫県(赤穂市福浦を除く)・奈良県・和歌山県および福井県・三重県・岐阜県の一部である。
大阪ガスの電源構成は、天然ガス火力82%、FIT電気13%、石炭火力3%、卸電力取引所2%となっている。環境負荷が小さくクリーンなエネルギーである天然ガスを使用した火力発電や、FIT電気(太陽光発電、バイオマス、風力)などを組み合わせて電気を供給している。また、電源構成には家庭用燃料電池 エネファームtype Sの買取電力量が含まれている(1%未満)。

ハルエネでんきと桐生ガスのでんきとの比較

桐生ガスの特徴
桐生ガスの設立は1925年で営業活動を開始してから90年を超えている。創業時はナフサガスの供給だった。現在は天然ガスの供給に変わっている。中部電力と提携して国際石油開発帝石から供給している。
現在は群馬県桐生市、みどり市、太田市の一部ででんきとガスのセットで供給を開始している。

ハルエネでんきと京葉ガスのでんきとの比較

京葉ガスの特徴
京葉ガスは1927年に葛飾瓦斯株式会社として設立された。石炭による都市ガスからスタートしている。天然ガスへの切り替えは逸早く実施している。今でこそ当たり前のサービスショップの展開だが、実は京葉ガスが始めたものだ。
京葉ガスが2016年7月から一般家庭向けの電力販売に参入した。それよりも前の2014年から電力事業を始めている。特定規模電気事業者として自社施設やグループ企業への太陽光発電による電力の供給を行っている。
電力の電源にはグループ企業が保有する、おおよそ7MWの太陽光発電からの電力を活用することになっている。この規模の発電量は、約1550軒分の需要を賄うことができる発電量となる。不足分については卸電力取引市場からの調達となる予定となっている。
再生可能エネルギーのFIT電気割合が17%となっている。CO2排出量も従来電力会社に比べて低い。再生可能エネルギーの割合は高いといえる。環境問題に関心のある方にも安心の電力会社だ。

ハルエネでんきと西部ガスのでんきとの比較

西部ガスの特徴
西部ガスは、福岡、長崎、熊本の都市部でガス事業を展開している会社である。東京ガス・大阪ガス・東邦ガスと共に「日本4大都市ガス会社」とされているガス会社である。現在のところ自社の発電所はない。他の新電力や卸電力市場などから調達して電気を供給している。2017年の都市ガス小売自由化を前に、「電気とガス」のセット契約に力をいれています。平成32年を目標に自社の火力発電所を稼働させる予定がある。

ハルエネでんきとサーラeエナジーのでんきとの比較

サーラeエナジーの特徴
サーラeエナジーは、愛知や静岡を中心にガスを供給している中部ガスの新電力である。ガスとセットで契約しなくても、でんきを契約することが可能である。ガスとのセット割引もある。サーラグループのガスを利用しているご家庭ではまず一番に検討した方がよい新電力である。
自社発電所はもっていない。他の新電力からの調達が主になる。
中長期的には天然ガス発電所をメインに自社での発電所保有も検討している。サーラeエナジーは、電力事業にしっかりと腰を据えて取り組んでいる会社と見受けられる。

ハルエネでんきとサンリンのでんきとの比較

サンリンの特徴
サンリンは、長野県内に15支店を置いている。LPガス、ガソリンスタンドをはじめ、エネルギー関連を含めて15事業を展開している。スタートは豆炭、練炭の事業をしていましたが、時代の変革にあわせてエネルギーも大きく様変わりするのに対応をしてきた。
サンリンに供給される電力は新電力事業に参入している、ミツウロコグリーンエネルギーからのサポートで調達している。料金設定もミツウロコグリーンエネルギーと同じである。

ハルエネでんきと静岡ガスのでんきとの比較

静岡ガスの特徴
静岡ガスグループには安定供給を支える発電設備と地域分散型電源を有効に活用する電力ネットワークがある。電力の地産地消を推進することで安心・安全な電気の供給だけでなく、低炭素社会の実現と地域活性化にも貢献している。
静岡ガスグループは、地域の工場などに対し、都市ガスから電気と熱を生み出す「コージェネレーションシステム」の導入をサポートしている。それらの発電設備で余剰となった電力と地域の再生可能エネルギーを調整し、地域のお客さまへ供給している。
コージェネレーションシステムとは、熱電併給のことで、天然ガス、石油、LPガス等を燃料として、エンジン、タービン、燃料電池等の方式により発電し、その際に生じる廃熱も同時に回収するシステムのことである。

ハルエネでんきと鈴与のでんきとの比較

鈴与の特徴
鈴与は静岡県に本社を置く総合商社です。会社の歴史は古く、200年もの歴史がある。
特にエネルギー関係の総合商社として、石油、ガス、電力の分野に注力し、積極的に取り組んでいる。
家庭向けには、太陽光発電システムの施工やメンテナンス、LPガスの供給を行っている。
鈴与は地域と協同した再生可能エネルギーの発電事業を通じて、地球温暖化防止や地産地消の推進に貢献してる。静岡県菊川市で、グループの食品会社や農業生産法人から出される食品加工残渣や農業残渣、地元の刈草や農業残渣を活用して発電する「バイオガス発電」を推進している。
鈴与のでんきの供給エリアは、静岡県、山梨県、長野県、愛知県である。

ハルエネでんきと中央セントラルガスのでんきとの比較

中央セントラルガスの特徴
中央セントラルガスは北関東と中心とするLPガス会社です。LPガスの分野では1970年代からある企業ですが、電気に関しては小売自由化にあわせて参入している。
自社での発電所保有はない。しかし、プロパンガス事業で関係の深い昭和シェル石油から電気を調達して販売している。
昭和シェル石油はLNG火力発電で98%が高効率である。CO2排出量が大手電力会社よりも28%も少ないです。LNG火力発電は再生可能エネルギーではないが、CO2排出量の少なさを考えるとエコな電気と言えるでしょう。

ハルエネでんきと東京ガスのでんきとの比較

東京ガスの特徴
東京ガスは首都圏を中心に都市ガスの供給を手がけている。その東京ガスが電力事業に参入しているとして注目されている。とくにテレビコマーシャルでも有名俳優さん・女優さんを起用している。こうした宣伝効果や都市ガス販売・点検網を生かし電力の営業活動を行っている。その結果、新電力会社としてはダントツの契約数を獲得している。
料金プランでは、ガスとセット割を打ち出しています。この料金プランは関東圏では最安値水準と言われている。
また安さだけではなく、サービスも充実している。サービスの一つに、人気料理検索アプリ「クックパッド」のプレミアムサービスを利用できることがある。他にもガスと電気とインターネットを3つでさらに割引があるプランもある。

商売人にはお得なハルエネでんきを知ろう

電力の自由化に伴い新しいサービスとしてハルエネでんきが誕生した。
これは従来の電気料金に比べると割安価格となっているサービスであって、ニーズに対応したプランが用意されている。通常電気小売の会社は一般家庭をターゲットにしている物が多いが、ハルエネでんきの場合は商売をしている方を対象にしているプランが殆どとなっている。
特に300kwh以上の電気を使用するときには大手電力会社よりも安い金額で利用できる場合がある。バリュープランは年間で3万円から10万円ほどの削減が可能なので商売をしている人は検討してみましょう。気になるのは対応する地域だが2016年の段階では全国9エリアの地域で利用できる。北陸エリアや関西エリア、中四国エリアは法人限定での利用となっている。
ハルエネファミリープランLは一般家庭に対応したものであって、120kwh以下の電力なら1kwh単位18.24円と格安金額を記録している。30Aの契約電流なら1契約あたりの金額は874.80円。
電気以外のトラブルが発生したときにも対応してくれるトラブル解決レスキューオプションが用意されている。これは月額料金600円で付帯する事ができ、鍵のトラブルから水のトラブルまで対応してくれる。24時間いつでも利用可能で電話一本入れれば現地まで駆けつけてくれる。
ウェブから簡単に申込みが出来るので検討してみましょう。

電気をよく使うならハルエネでんきがおすすめ

一般家庭と法人に対応している電気会社サービスと言えばハルエネでんきがある。ここは従来までのプランに加えて新たにハルエネでんきバリュープランが登場している。こちらのプランは凄く電気量の多い家庭に適したサービスとなっていて、節電できる環境が上手く作れないならオススメとである。また事業関係を行っている方にもおすすめのサービスである。
月額3万円以上の金額がかかるなら検討してみましょう。有名な電力会社に比べると400kwhあたり1552円お得で、750kwh使用すると6984円もコスト削減が出来るのである。使用料が多ければ多いほど割引率も高くなっているのですが、基本的に毎月の電気量が300kwh以上の方に適している。
気になるのは電気の品質といえますが従来通りの品質を保っているので乗り換えを行っても安心である。ハルエネでんきに乗り換えを検討しているのなら、まずホームページにある電気シミュレーションを使いどれくらいお得になるか確かめるのが良いといえる。
また使いやすいように様々なオプションが用意されているのもハルエネでんきの魅力である。月600円のハルエネ解決レスキューは電気トラブルだけでなく、ガスやガラスの他水や鍵のトラブルに対応してくれる。事前に見積もりを行ってくれるので安心して利用できるのも特徴である。利用料金は電気代と合算して支払いが出来るため個別に支払う面倒くささもなく快適に使える。

ハルエネでんきの魅力と仕組みについて

2016年4月より、電力自由化がスタートしました。これまでは地域ごとに決められていた電力会社としか契約を結ぶことができませんでしたが、この電力自由化により、好きな電力会社と契約を結ぶことができるようになりました。しかし、従来の電力会社との契約を打ち切り、新しい電力会社と契約を結ぶためには、それなりのメリットがなければなりません。そこで新電力会社では、電気料金が安くするという方向で素の魅力をアピールしています。
新電力会社の中でいま最も注目されているのがハルエネでんきです。ハルエネでんきの特徴は、まず電気料金が従来より確実に安くすることができることです。一般家庭はもちろん、法人に非常に強く、従来の電気料金との比較では5%程度電気料金を安くすることができます。
しかし、電気料金が安くなるのは嬉しいことだけど、手続きに手間がかかったり、電気の供給が不安定になったりというのでは困ります。ハルエネでんきではその点もよく考えられていて、全く心配がないようにしています。まず簡単な申し込みを行えば、あとはスマートメーターを設置するだけで、その他の特別な工事やその間電気を使えなくなる時間はほとんどありません。
また、ハルエネでんきに切り替えても、電気を供給元は従来通りなので、電気の供給は不安定になるなど質が下がることはありません。たとえば、関西電力を使用している場合は、ハルエネでんきに切り替えても、関西電力が発電する電気をそのまま継続して使うことができます。

ハルエネでんきは簡単に申し込むことができる

ハルエネでんきバリュープランは、一般家庭の中でも、電力の消費量が毎月特に多い場合と、一定の品質を維持するために電力を節約することが困難な事業者や、店舗に適している電力プランであるということができます。
これまでの業者が同じ様に電力を提供しているため、各家庭や事業者の消費する電力の量が多過ぎて頻繁に停電などが発生するようなリスクが高まるということはありません。
そして、電力を供給する業者が変わらないことから、ハルエネでんきが提供する新しい電力プランに乗り換えたとしても、新たに電線を取り付けるといった手間をかける必要はないです。
申込みの手続きについても、非常に簡単になっていて、所定の申込み用紙に必要となる事柄を書き入れて、必要となる書類を添付してハルエネでんきの窓口や、正規の販売店に郵送するだけとなっています。
申し込む前に説明を詳しく伺いたいときには、郵送しないで直接ハルエネでんきに出向くのも良い方法の1つとなります。
現在、スマートメーターではない電気メーターが取り付けられているときには、電力を供給する業者が契約する家庭や、設備に伺いスマートメーターを取り付けるための工事をします。
立ち会いが必要な工事ではありません。
原則として停電はないのですが、前もって連絡した上で、およそ5分ぐらい停電になってしまうことがあるため自宅や、施設に居るときにスマートメーターを取り付ける工事がされるときには注意する必要があります。

ハルエネでんきを選んで得られる利点とは

2016年4月より電気の自由化が始まり、様々な会社が参入し、電力サービスを選べる様になりました。ハルエネでんきもそんな風に電力自由化により、新たに登場した電力サービスの1つです。もっとも、元々地域の電力会社を利用していて、特に不自由さや不便さを感じていなかった人は、わざわざハルエネでんきに切り替える必要がないと考えていたりします。ですが実際は、電力会社を変える事で利点を得る事が可能です。
従来の電力会社から、ハルエネでんきに変更した際に得られる利点としては、お得なプランが用意されている事だったりします。お陰で自分にとって最適なプランを選ぶ事が可能であり、無駄を省く事が可能です。そのため上手くプラン選びをすれば、電気料金自体を安く利用出来る様になるので、有り難いです。
もっともこの様に安くなると書くと、その分、電力供給が不安定になる等のデメリットを心配する人もいます。ですがハルエネでんきは従来の電力会社の送配電網を利用して、各家庭に電力を供給しているのです。そのため従来の電力会社を利用していた時と同じ品質で、電力を利用出来るので、安心出来ます。しかもその様に、従来の電力会社の送電網を使用しているので、切り替えを行う際も特別な工事は必要はなく、気軽に移行可能です。
更にハルエネでんきは、限定した地域だけでなく、全国規模でサービスを展開しています。なのでサービスの利用が可能な地域は多くあるので、多くの人が切り替える事が可能です。しかも手続きも簡単で、公式サイトからも申し込みを行う事が出来ます。

  • 最終更新:2017-09-22 09:10:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード